※情報の真偽のほどの保証はいたしません。

 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05 '06 '07

 HOMEに戻る


(05.12.8)

・史上最速の投手はおそらく1950年代アメリカで活躍したスティーブ・ダルコウスキーで、一説には177km/hのスピードが出ていたとも言われる。しかし極端なノーコンで、1安打完投しながら四球を連発して9失点などの珍記録を次々に打ち立て、一度もメジャー昇格を果たせずに終わった。

・故人の死体から炭素分を取り出し、ダイヤモンドを作ってくれる会社が存在する。1個40万円から。

・日本列島を構成する島の数は3922個。

・安芸の宮島の「不消霊火堂」には、弘法大師が焚いた火がいまだに守られており、来年には点火から1200年目を迎える。

・中国の新彊にあるリューファンゴウ炭坑は1874年(明治7、清の同治帝時代)火災を起こしたが、「消えそうにない」という理由で放置され、そのまま燃え続けた。2000年になってようやく消火活動が始まり、2004年10月に出火から130年目にしてついに鎮火した。


(05.11.20)

・「コンゴ共和国」と「コンゴ民主共和国」は別々の国である。

・ピカソの生涯作品数は約8万点と言われる。毎日3点ずつ作っても73年以上かかる計算である。

・Dr.スランプのライバル「Dr.マシリト」のモデルとなった鳥嶋和彦氏は、現在集英社取締役。

・「ウソ」という鳥は、空を飛びながら琴のような声で鳴くので「空琴→そらごと→ウソ」という名前になったという説がある。

・イギリスでは1580年と1692年に史上2回「グレート・アースクェイク(大震災)」と名付けられた地震が記録されているが、いずれも震度2程度で、死者は計2名。


(05.9.27)

・「ミルフィーユ」を日本語に直訳すると「千葉」である。

・仏典に出てくる最大の数は「不可説不可説転」で、10の37218383881977644441306597687849648128乗に相当する。何に使うんだ、こんな数。

・世界中の全ての川の水の6分の1は、アマゾン川を流れている。

・「ジョジョの奇妙な冒険」の第1部主人公ジョナサン・ジョースターの名は、作者がたまたま打ち合わせをファミレスの「ジョナサン」で行っていたことから名付けられた。

・首相の乗る公用車は、信号待ちをすることがない。あらかじめ連絡を受けた警官が、信号を青に切り替えてくれるため。


(05.8.7)

・大型書店ジュンク堂の名は、社長の父工藤淳氏にちなんでつけられた。

・「後三年の役」という戦いがあったが、その戦場の最寄り駅は「後三年駅」(秋田県横手市)となっている。

・同じ3桁の数字を2つ重ねたもの(513513、78078など)は必ず7,11,13のいずれでも割り切れる。なんでかわからない人は7×11×13を計算してみよう。

・「奇想天外」という名前の植物がある。アフリカのナミビア砂漠に生える一科一属一種の超珍奇種で、2枚の葉っぱだけを延々と伸ばし続けて2000年も生き続ける。

・アスピリンはピリン系の薬ではない。アンチピリンという薬があるが、これはピリン系。


(05.7.3)

・マイケル・ジョーダンは泳げない。

・1997年のF1ヨーロッパGP予選で、3人のドライバーが1000分の1秒単位まで全く同一のトップタイムを出したことがある(ミハエル・シューマッハー、ジャック・ヴィルヌーヴ、ハインツ-ハラルド・フレンツェン)。規定により、最初にタイムを出したヴィルヌーヴがポールポジションを獲得した。

・スピッツは結成当初「チーターズ」という名前のパンクバンドだった。水前寺清子のカバーをしていたかららしい。

・日本国内で核爆発を行った者は、7年以下の懲役に処されると決まっている。いいのか、そんなもんで。

・3435=33+44+33+55である。他にこの類の性質を持つ数は1と438579088だけであることが証明されている(ただし0の0乗は0であるとして計算)。数学者というのは恐ろしい人種だ。


(05.5.28)

・世田谷区には44の駅があるが、JRの駅はひとつもない。

・東京都ではあるが、どこの市区町村にも属していない場所がある。八丈島から300kmほど南にある「孀婦(そうふ)岩」がそれで、周囲が100mほどしかないのに高さが99mある奇怪な岩である。

・世界で3000万部を突破したベストセラー「風と共に去りぬ」の作者マーガレット・ミッチェルは、生涯でこれ一作しか小説を書いていない。彼女はこの小説をラストから書き出し、冒頭の部分を最後に書いたとされる。

・マクドナルドの創始者レイ・クロック氏のところに、ある日日本人の若者が成功の秘訣を教えてほしいと訪ねてきた。クロック氏は話し込んでいるうち若者の情熱を認め、「このビジネスを日本でやらないか」と逆に持ちかけた。この青年が日本マクドナルド創始者・藤田田(ふじた・でん)氏である。

・成功した藤田氏は自分の経験を踏まえ、「志のある若者は勇気を出して有力者を直接訪ねて行くといい」と語った。これを聞いた17歳の少年が九州から本当に藤田氏のもとにやってきたので、氏は彼に会って「これからはコンピュータをやるといい」などとアドバイスを与えた。少年はアドバイスを忠実に守り、やがてIT企業の創始者となった。現ソフトバンクグループ代表・孫正義氏である。


(05.5.11)

・ニューヨークのマンハッタン島は1626年、オランダ人が原住民からたった60ギルダー(現在の貨幣価値で24ドル)で購入したもの。

・銀座線の上野付近には、世にも珍しい地下鉄の踏切が存在する。

・「キャノン」ではなく「キヤノン」が正しい社名と以前書いたが、「シャチハタ」も正式な社名は「シヤチハタ」である。

・東京23区の最高峰は新宿区戸山公園内にある「箱根山」で、標高44.6m。尾張徳川家の庭園に作られた人工の山である。

・昼行性の蛾はいるが、夜行性の蝶はいない。従って「夜の蝶」が存在するのは人間の世界のみである(追記:バナナセセリという蝶が夜行性だというご指摘を受けました)。


(05.4.14)

・大阪府はかつて全国最小の都道府県だったが、関西新空港の埋め立てによって面積を広げ、香川県を抜いて最下位脱出に成功した。

SDガンダムは、雑誌の投稿欄に掲載されていた小学生のイラストを元に、バンダイが本人から版権を買い取って商品化したもの。

・先日亡くなったヨハネ・パウロ2世は26年5ヶ月と歴代教皇中3位の在位期間だった。最短だったのは752年に即位したステファヌス2世で、選出されたその日に脳溢血で亡くなった。

・世界プロ野球史上最年長のプレーヤーはキューバ出身のミニー・ミニョソ選手。1976年、メジャーリーグで53歳9ヶ月の時に代打で出てヒットを放ち、2003年にはなんと80歳で独立リーグの試合に出場した。


(05.3.2)

・東京湾、駿河湾、伊勢湾、大阪湾など太平洋岸の湾がみな北東に向いているのは、偏西風であおられた波が土地を削っていった結果である。

・「男女男」と書くと「嬲る(なぶる)」という字になるが、「嫐(女男女)」という字もある。「うわなり」と読み、「後妻」の意味。

・ゴキブリを油で揚げると、エビのようにピンク色に変化し、腹の節がめくれて紅白のまだら模様が現れて凄い状態になるらしい。実験したことはないけど。

・インドには1682の言語がある。

・シカゴ・ホワイトソックスの靴下はなぜか白ではなく黒。ちなみに1986年までは赤だった。


 (05.1.22)

・加護亜依と辻希美は、「世界一大きなフラフープを回した人」という項目でギネスブックに収録されている。

・明治の反骨のジャーナリスト・宮武外骨は息子に「銀行」という名前をつけていた。これを聞いて金を預けに来た人があり、外骨はありがたく預かったのだそうである。

・日本ハムファイターズには、86年から89年にかけて全く同姓同名の「田中幸雄」選手が2人いた。仕方がないので、スコアボードには「田中(幸)」「田中(雄)」と表示して区別していた。

・「民」という字は眼を針で潰す姿の象形文字で、もともとはそうして逃げられなくした奴隷の意味を表した。

・宮本武蔵は肖像画などの分析によると、巨人症であった可能性が強い。彼の創始した二刀流を受け継ぐ者がいないのは、単に重い日本刀を片手で振り回せる腕力を持った人間が武蔵の他にいなかったためとされる。


 '99 '00 '01 '02 '03 '04 '05'06 '07

 HOMEに戻る