・佐藤健太郎のライターとしての仕事

 著作・連載などのリストはこちら

 ☆書籍

オーム社 2011.11 新潮新書 2010.1
2010 科学ジャーナリスト賞受賞作
技術評論社 2007.5 技術評論社 2008.6

医薬品クライシス〜78兆円市場の激震〜
新潮新書より好評発売中!
科学ジャーナリスト賞2010を受賞しました

全世界で七十八兆円、国内七兆円の医薬品業界が揺れている。巨額の投資とトップレベルの頭脳に よる熾烈な開発競争をもってしても、生まれなくなった新薬。ブロックバスターと呼ばれる巨大商品が、次々と特許切れを迎える「二〇一〇年問題」――。その 一方で現実味をおびつつあるのが、頭のよくなる薬や不老長寿薬といった「夢の薬」だ。一粒の薬に秘められた、最先端のサイエンスとビジネスが織りなす壮大 なドラマ!

 Amazonはこちら


化学物質はなぜ嫌われるのか ~「化学物質」のニュースを読み解く
好評発売中!

新聞・テレビなど毎日マスコミをにぎわす「化学物質」の恐怖。
しかしそれらは一体どこまで危険なのか?
その影で本当に危険なものが見過ごされてはいないのか?
もてはやされる「健康食品」の実力はどうなのか?
副作用問題で騒がれた医薬の真実は?

誤解を受けされがちな「化学物質」の実際のところを、
化学者の視点からわかりやすく解説します。
(技術評論社刊・1580円)

(2008/8/11) 「日経パソコン」誌で紹介されました。
(2008/9/4) 週刊文春にて、評論家・宮崎哲弥氏に「掛け値なしの名著である!」と絶賛をいただきました!


有機化学美術館へようこそ 〜分子の世界の造形とドラマ(2007.5.19 技術評論社刊)

HP「有機化学美術館」より抜粋・書き下ろしを加え、まとめたものです。現在第3版が発売中。

  • 7月25日付日本経済新聞夕刊にて、書評に取り上げられました(選評・竹内薫氏)。
  • 月刊「化学」誌にて書評に取り上げられました(2007年9月号、選評・山本行男京大教授)
  • プレジデントFamily(2008年4月号)の特集「頭のいい子の本棚拝見」にて紹介されました。
  • 第3回科学ジャーナリスト賞」にノミネートされました。

 ※その本の企画も現在進行中です。お楽しみに!


 ☆雑誌連載・記事

・ 「現代化学」誌に、「10分間で読める有機化学トレンドウォッチ」連載中

・ 「MedicalBio」誌に、「生命科学者のための創薬化学ABC」連載中

・東京化成「TCIメール」誌に、「化学よもやま話」の連載開始!


 ・各種仕事の依頼

 ご連絡はメールアドレス「sato-at-org-chem.org」までお願いいたします。-at-の部分を、「@」に変換してお送り下さい。
 物理・数学・生物・天文学などのサイエンスライターさんはたくさんいる中、化学の書き手は少ないと聞きます。有機化学を中心に、医薬・環境・健康・エネルギー問題などの原稿に取り組んでいきたいと思います。

(追記)2009年4月より、東京大学理学部の広報担当に就任いたしました。ちょっとこちらが忙しくなるかもしれません。こちらの関連の書籍などの企画も考えたいと思っています。

 Wikipediaにも項目ができていました……。

 トップへ戻る

 有機化学美術館へ戻る