☆咳止め薬の味のするビール(ベルギー)

 このDDTページを開設してまっ先にメールを送っていただいたのが前川淳さん。なんと当ページでも紹介させていただいている「悪魔」と「トナカイ」の作者で、この業界では知らぬ人のない世界的折り紙作家である。しかもドクターペッパーとJAZZ'INを愛飲する豪の者でもあられるらしい。そういう方が直々にメールを下さったのだ。ありがたや。

で、情報の方は、

 咳止め薬の味がするビールを知っていますか?5年前にアメリカで会ったベルギーの折り紙愛好家がそれを愛飲していました。わたしも少し飲んだのですが、たしかに咳止め薬の味がしました。彼は来日したこともあり、日本での思い出として、「ポカリスウェットという妙な名前のドリンクがおいしかった」と話していました。

咳止め薬……。何か大量に飲むとラリってしまいそうだ……。近くに世界のビールを飲める居酒屋があり、ベルギービールも飲んでみたけど薬臭くはなかった。しかしそこで飲むビールはヌカミソくさいのありサクランボ味のありと不気味なバラエティに富んでいるので、探せば妙な味のビールはたくさんありそうである。毒物飲料のアルコール部門はまだ未探査の分野であるが、ここでも世界の壁はかなり高そうである。

 余談だが、ポカリスウェットは海外では「ポカリ」の名で売られているそうな。ま、確かに「汗」なんて名前のジュースでは誰も飲みたがらないかも。その昔、「浸汗鮮(しんかんせん)」というとてつもない名前のスポーツドリンクがあったと聞くが、いうまでもなくあっという間に市場から姿を消したはずである。

 

 リバースDDTページに戻る

 トップに戻る