☆ドアノブが「アイーン」 (宮島登氏より)


投稿者の宮島さんは第一線の折り紙作家である。

折り紙を折っていると、

余計な折り線一本、ちょっとした角度の変化、

そんなものが突然作品に生き生きとした

リアリティを与えてくれることがある。

それを見つけるのが、実は折り紙というものの醍醐味でもある。

それを鋭く捕らえる創作家のセンスは

ただのドアノブに、ちょっとニヤリとするような

意味を与えてくれた。

 

前←  →次  ↑戻る