☆天然のトンネルをくぐる道(R305・福井県越前町)

 福井県の海岸は東尋坊を始めとした奇岩名勝で知られていますが、越前町に海食洞(海水が岩を削ってできたトンネル)の中を国道がくぐっていくところがあります。横から見ると鳥のくちばしに似ているので、「呼鳥門」と呼ばれます。こんなところに道を通すしかなかったのかと思いますが、なかなかインパクトのある光景です。

あまりくちばしには見えない気もするが。

 最近では風化が激しいので、落石を防ぐため内側に人工のゲートが設けられています。現在呼鳥門を迂回するバイパスが計画中とのことで、近い将来ここも国道ではなくなってしまうのかもしれません。

(追記)

 その後、東側にトンネルが開通して車はこちらを通るようになり、呼鳥門には遊歩道が整備されて公園のようになっています。国道の変化も実に激しいものです。

2007年現在の呼鳥門

 戻る