☆四国の道(R193霧越峠・徳島県上那賀町)

 道路の整備が進んだ現在でも、地方によってはまだひどい国道が残っています。そんな酷道どころといえばやはり四国や紀伊半島で、車一台通るのがやっとの情けない道がそこここに見られます。

 このR193もそんな中の一つで、100番台でありながらほとんど「忘れられた国道」となっています。霧越峠は中でも悲惨な区間で、道は狭いわ路肩は弱いわガードレールはないわで、一つハンドル操作を誤れば冗談でなく簡単に谷底に転落します。

思い出すだけで泣けてくる。

 おまけに霧越の名はダテではなく、頂上付近は濃霧に包まれていて視界がほとんどありません。湿っぽいためか路面にはコケなども生えていてすべりやすくもなっています。ここまでドライバーに緊張を強いる国道もそうはないのではないでしょうか。

 酷道どころ四国の中でも最強と言われるのがR439(通称ヨサク)で、全国でも紀伊半島のR425と並んで両横綱の名をほしいままにしてきました。「きました」と過去形なのは、今はだいぶ整備が進んで酷道区間が失われつつあるからですが、徳島〜高知県境の京柱峠はいまだ健在です。崖−道−崖というルパン三世に出てきそうな道が本当にあります。

20km以上この状態の道が続く。

 というわけで筆者が個人的に「これはたまらん!」と思った酷道十選を挙げておきましょう。

R425牛廻越

「落ちたら死ぬ!」の看板で有名

R193霧越峠

長くだるく細くきつく険しい

R488広島県内

とにかく人気(ひとけ)がない

R308暗峠

関西の不動のエース健在

R352枝折峠

細くはないが、とにかく長い戦いを強いられる

R477花脊峠

急坂と百井別れのコンビネーション

R399鳩峰峠

頂上の標識に心打たれる

R121大峠旧道

恐怖体験あり

R439京柱峠

かつての最凶酷道も整備が進む

10

R405全体

何のための国道なのか全く意味不明

番外

R152青崩峠

国道がつながっていないが、あまりに凄い

筆者もR157温見峠、R265輝嶺峠、R433二重谷峠などまだ見ぬ強豪を残していますので、まだこのランキングには変動の余地が十分あります。識者の皆様のご意見はいかがでしょうか。

 戻る