☆カフェゼリー(ポッカ)

 今度は埼玉県足立区にお住まいの瀬田さん(アルシオーネ使い)から。この方も不必要なまでのチャレンジングスピリットの持ち主で、当コーナーに多大な貢献をされております。今回のブツはカフェゼリーだそうです。レポートどうぞ。

商品名 「カフェゼリー」  メーカー 「POKKA」

まぁ、、、要するにボトル入りのコーヒーゼリーなワケだ。

しかし、、、メーカーはPOKKAだ。

コーヒー専業のメーカーが万を持して発売した新商品。

期待に胸が躍る。

ショートのペットボトルに入ったこの物体で目を惹かれるのは、

ボトルの首には「クリーミーパウダー」と書かれた袋がかかっている点だ。


問題のブツはこれ。

この出で立ちを見た瞬間から「ピピッ」ってあっしの毒物センサーが反応した!

 そんなセンサー持ってる人間はあなただけです(笑)。で。

ボトルの側面には、なにやら説明書きがある。

「お好みのテイストに合わせてお楽しみください」、と。

なるほど、言ってるコト自体は正しいし気が利いてる。

このカフェゼリーには自由が溢れているのだ。

 自由じゃなければ意味がないのさ。そうだろう?(by 佐野元春)

しかし・・・だ。何故か納得がいかないのだ。

よくよく見ると、、、、

「STEP−1  お好みの味の目盛りまで呑んでください」

「STEP−2  クリーミーパウダーを加えキャップを締めてよく振ってください」と書いてある。

つまり、だ。「お好みの味の目盛り」に行くまでは、「お好みじゃない味をガマンして呑んでください」ってコトになるじゃないか!!

 この人物らしく、実に突っ込みが細かいです。負けずに細かいことを言えば、「クリーミーパウダー」という言葉自体正しいのかどうか、やや疑問ではあります(流動性粉末ってことだもんな)。

などと、、、思いつつキャップをオープン。

飲み口にクチをつけ、ボトルを傾ける。

「ん?ん?ん?」

中身が出てこないのだ。

 

その時点で腹が立ったが、そこはあっしもオトナなのでグッとガマン(笑)

冷静にボトルを振り、もう一度チャレンジ!

すると・・・・中途半端なゼリーの固まりがクチの中に無造作に転がり込む。

ゼリーも決して不味くはないが、かといって決して旨くはないのであった。

 旨くないんかい(笑)。まあそうでなきゃここでやり玉に挙げられませんね。

ゼリーが程良く減ったので、付属していたクリーミーパウダーを入れてみる。

白い粉が雪のように黒いゼリーを覆い尽くす。

キャップを締めて、ボトルを振る。

ボトルのあちこちに溶けきらない粉が、こびり付いてなんとも言えない小汚なさ(爆)

 「小汚ない」という言葉は「汚ない」よりも「小さい」のに、なんで単に「汚ない」というよりも汚なく感じるのでしょーね。で、味の方は。

まぁ、、、見た目で判断してはイケナイので、勇気を出して呑んでみる。

「うぐぐぐぐ!」

クリーミーパウダーがダマダマとなり、気色悪いコト、この上ない!

 そうなりますわな(笑)。

企画の意欲は分かるのだが。。。。いささか、消化不良なこの商品。

ダイエーで売ってました(笑)

きっと、今シーズンで消えるだろーから、体験するなら今がチャンス!!

 うーむ。「企画倒れ」の典型例ですね。粉ミルクがゼリーと混じるかどうか、一秒考えればわかることなんですが。察するに最初は液体のミルクをつける予定だったんだけれども、運搬上問題なので急きょ粉ミルクに変更、結果として悲劇を生んだというところでしょうか。最初の企画者もこのダマダマを見て「こんなはずじゃなかった」と涙にくれているのかもしれません。人生とは、そして社会とは何ともままならぬものです。泣くな、企画者(←考えすぎ)。

 こいつは飲んだわけじゃありませんが、報告者の文才に免じて星4つを差し上げます。今後も精進していただきたく思う次第です。

 判定=★★★★

 リバースDDTページに戻る

 トップに戻る