告知:「有機化学美術館」が書籍化されました!7月25日付日本経済新聞夕刊にて、書評に取り上げられました(選評・竹内薫氏)。

  • 月刊「化学」誌にて書評に取り上げられました(2007年9月号、選評・山本行男京大教授)
  • プレジデントFamily(2008年4月号)の特集「頭のいい子の本棚拝見」にて紹介されました。
  • 第3回科学ジャーナリスト賞」にノミネートされました!

 先日来案内しておりました「有機化学美術館」、だいぶ時間がかかってしまいましたが、ようやく発売の運びとなりました。現在全国書店にて好評発売中です。

 タイトル:「有機化学美術館へようこそ 〜分子の世界の造形とドラマ

 発売時期:2007年5月19日

 価格:1580円(税込1659円)

 サイズ:四六判(127×188mm)

 ページ数:約240ページ、うちカラー口絵32ページ

 出版社:技術評論社

 ISBN:978-4774131146

 というような感じになっております。Web版から内容を再編集して最新情報をかなり盛り込んだ他、書き下ろし項目もありますので、HPをずっとご覧になっている方も読んで損はないかと思います。また今回カラー口絵のページをたくさんいただき、気合いを入れてたくさん絵を描いたので、このへんも見どころの一つです。

肝心のコンテンツの方ですが、一部列挙しますと、

 第1章

 ・ネーミングいろいろ

 ・炭素の多面体

 ・炭素のトライアングル

 ・亀の甲をつなげると

 ・ナノ世界の小人たち

 

 第2章

 ・導電性高分子〜白川英樹博士の業績〜

 ・ノーベル化学賞・野依良治教授の業績

 ・結晶・この厄介なるもの

 ・タキソール 〜全合成のドラマ〜

 ・ペプチドホルモンの構造決定

 ・臭い化合物の話

 ……他

 となっておりまして、今回はとりあえず正統的な有機化学の領分に絞っております。環境問題、医薬、タンパク質などの話題は入っていませんが、今回好評ならば続編として出るかも……というところです。

というわけで、書店で見かけたらとりあえず手に取っていただき、気に入ったらレジへ直行していただければと思います。ついでに友人などにも宣伝し、勢いで一人5冊くらいずつお買い上げいただければなおよろしいと思います。

 有機化学美術館に戻る