☆TSUNAMI(South Beach Beverage)

 今回は東京都のJasmineさん(二児の母)から送られた「TSUNAMI」です。ツナミって世界語だと聞いたけど、本当だったんですな。で、これは某旅行情報誌に載っていたのを、Jasmineさんがお姉さんに頼んで買ってきてもらい、わざわざ筆者のところまで持ってきてくれたものです。自分で飲んでくれていいのに(泣)。まあそれはともかく、太平洋を越えてやってきた初のアメリカンポイズンです。世界最強国家の生み出した毒物に、日本男児・佐藤(健)が大和魂で立ち向かってみようじゃありませんか。

 まずは外観からチェック。情報によればこいつは日本で言えばヤクルトなんかに相当する健康ドリンクのようで、そのためか内容成分がこまごまと表示されてます。しかし問題はその量。591mlだそうです。さすが物量の国アメリカ、日本の健康ドリンクの3〜4倍の大容量を誇っています。ビンの表面ではなぜか歯をむき出したトカゲがサーフィンをしており、ピンクのジュースに緑の肌が鮮やかなコントラストを成しています。アメリカのヒーローものには確かによくこの手のキャラが登場しますね。日本の基準からいうと可愛くないですが、アメリカではこういうのがクールなんでしょう。


TSUNAMI。あちこちにトカゲのデザインがあしらわれている。

 成分表示を見ると、健康飲料だけのことはあってタウリンや亜鉛、ビタミン類がたっぷり含まれているようです。タウリンなんざこの量だと1000とか1500mgとかケチなことはいわず、5000mgくらい入ってそうです。脂肪量は0gと誇らしげに大書してあり、なるほどカロリーに気を配るアメリカならではだな、と思ったらそのすぐ下に「Sugar 27g」という実に大馬鹿野郎な表示がありました。ダメじゃん。

 てことで死因、じゃなかった試飲開始。……うーん、甘くてぬるんとしたパッションフルーツ系の味わいです。まあ自分で金を出して買う気はしないけど、今まで各地の毒物を制覇してきた俺にはちと毒物として物足りないかな……と飲み始めた当初は思ったのですよ。

 しかしこのジュースの恐ろしさがわかったのはそれから。飲んでも飲んでも減りません。友人とも手分けをしてトライしますが、とにかく一向に減ったという実感が湧いてこないのです。甘さが、ぬめりが蓄積されたダメージとなって襲いかかってきます。結局半分まで来てギブアップしてしまいました(写真参照)。

 このTSUNAMIの場合、恐れるべきはその物量でした。ブロードバンドがインターネットの使い方を量的ではなく質的に変えてしまったのと同様に、物量というものはある程度以上になると質的な転換をもたらします。これが超大国の力なのでしょうか、恐るべしアメリカ。

 評価=★★★★

 

 リバースDDTページに戻る

 トップに戻る