☆ビクトリアイングリッシュブラックミルクティー(JT)

 JTより発売されている必殺技みたいな名前のこの紅茶、まずあやこさんより毒物として報告があった。その後、ちづさん及び神沢真実さんからも「実に不味い」との追加報告があり、かなりの強豪であることをうかがわせた。ここでは神沢氏よりのレポートを。

 まずタブを起こして、匂いをかいでみる。…あからさまに牛乳の匂いのみ。紅茶の香りは何処へ(-_-)。そして飲んでみる。…牛乳のようなモノを飲んでいる感覚しかない。そして口中に残るのは、茶葉の中途半端な渋みのみ。とてもじゃないが、紅茶と呼ぶには後味が悪すぎる(-"-)。

 結局、3口ほどであえなく白旗と相成った。俺的には、毒物に認定して差し支えなしと見たが、いかがなモノか。できれば次は、ホットを試してみたいと思う(今冬までこのドリンクが生き延びていれば、の話だが)。とりあえず、あのポスペのクマのバッタモンにしか見えないCMキャラはどーにかならんか>JT。

 とのこと。確かにあのチェックのクマはポスペのパクリくさい。それはともかくこの紅茶、筆者の地元ではなかなか売っておらず入手はかなり難航した。ようやく先日筑波サーキット内の自販機にてゲットに成功。黒い缶で、あのクマとは裏腹の本格的なデザインである。目を引くのは「無糖」の文字。ミルクティーで無糖はかなり珍しいのではないか(ノンシュガーの紅茶はたくさんあるけど、一切甘味料なしというのは初めて見た)。てことでさっそく試飲。ごっくん。

 ……うん、これは強い。最近の茶系列の飲み物の中では出色の不味さである。一言で言って「苦い牛乳」。久々に毒物らしい毒物にめぐり会った気がする。JTはこれを本格紅茶と称しているが、少なくとも日本で売るべきもんではないぞ。ちったあバランスってもんを考えやがれ>JT。ということでこいつは高ポイントだ。

 判定:★★★★★

なお、ストレートティーも試したが、こちらは飲めないことはない。苦いけど。

 

 リバースDDTページに戻る

 トップに戻る